ホーム > 農協直販ブランド > 信州のたまご

信州のたまご

〜アルプスたまご工房〜

雄大な北アルプスにいだかれた安曇野の豊かな風土、その恵まれた自然のふところにある『アルプスたまご工房』では、ISO9001の厳しい品質基準の下に日々製造管理しております。毎日の食卓に欠くことのできない『たまご』をたまご専門供給センターよりお届けします。
アルプスたまご工房にはパック卵を製造する『GPセンター』と、たまごやき・温泉たまごを製造する『加工センター』があります。


GPセンター

全自動画像検卵システムで検卵し、また殺菌も行われ、高品質で安心・安全な卵を生産しています。
平成21年3月より最新鋭の鶏卵選別包装ラインが稼働し、10玉パック、8玉パック、6玉パックの同時製品化が可能となり、お客様の多様なニーズにお応え出来るようになりました。

加工センター

機械化が進む現在としては珍しく、『アルプスたまご工房』のたまごやき職人が『本造り厚焼きたまごやき』を一本一本手間隙かけて手作業で焼き上げています。
また、昔ながらの湯煎方式で『黄身は半熟・白身はゼリー状』の温泉たまごを製造しています。

長野県産殺菌凍結全卵地産地消プロジェクト

『三者が相互に連携・協力しながら長野県内における地産地消と食育の推進に取り組む共同開発商品として"長野県産殺菌凍結全卵"が誕生しました。

長野県産殺菌凍結全卵

長野県産の新鮮なたまごのみを使用し殺菌凍結全卵をつくりました。(地産地消の取組)

〜商品ポイント〜

全卵を殺菌処理後に冷凍しました。割卵の手間を省き、卵殻などの余計な廃棄物が出ません。(サルモネラ菌や異物混入の心配がありません)パックタイプとピロ―袋タイプの2タイプあります。

学校給食との取り組み

学校給食センターでは、サルモネラ菌などの心配や異物混入を避けるため、生卵を割卵することが少なくなっています。このような給食センターの要望に応える製品として"長野県産殺菌凍結全卵"は使われています。

わたしたちが焼いています! 〜アルプスたまご工房 たまごやき職人〜

たまごやき職人より

アルプスたまご工房加工センターでは、平成24年12月に厚焼たまごやき機を新規更新致しました。焼き出しから取り上げまで、人的な技術と経験が必要とされます。新鮮なたまごを使用し一本一本丁寧に焼き上げております。たまごやきの焦げ目が自然で、食欲を沸きたてるのではと思っております。『本造り厚焼たまごやき』をぜひご賞味ください。

たまごやきができるまで

商品詳細この商品をショッピングサイトで見る
このページの先頭へ